伝統の祭りを楽しむ!

秋の伝統祭り1.那覇大綱挽まつり

那覇大綱挽まつりは、10月にある祝日”体育の日”を含んだ3連休に毎年開催されるお祭りで、約28万人もの見物客が訪れます。那覇市の中心部である国際通りで開催されるお祭りは、琉球王朝時代から続く歴史と伝統ある行事となっています。ギネス記録にもなっている長さ200mもの大綱を東西に分かれて引っ張り合い、勝敗を決める綱挽は地元の人はもちろん、観光客でも参加が可能です。

現地の熱気を感じながら圧倒的なスケールの行事に参加してみましょう。大綱挽が行われる前日と翌日には、打ち上げ花火や市民による民族伝統芸能パレード、ライブステージなどイベントも多数開催されます。沖縄の伝統や文化を感じながら過ごす秋の旅行にはおすすめです。

秋の伝統祭り2.首里城祭

首里城祭は、琉球王朝文化を堪能できるイベントです。首里城で生まれた琉球舞踊や、およそ700名による絵巻行列パレードで琉球王国の華やかな歴史物語を見ることができます。琉球国王が、国家の祈願をするために正月三日に行っていた行事「三ヶ寺参詣行幸」を再現した行列を見学できるなど、まるで琉球王国時代にタイムスリップしたかのように、華やかなイベントを堪能できます。

夜には首里城内の園路にたくさんのキャンドルが路を作り、幻想的でロマンチックな空間に変わります。この幻想的な光景で散策を楽しめるのは「首里城祭」のお祭りのみとなっているので、貴重な旅の思い出になるはずです。同じ日本ではありながらも本土とは違った歴史を持つ沖縄をディープに知ることができるお祭りは、秋の沖縄観光にふさわしいイベントとなっています。